MENU

気をつけておきたいミノキシジルの副作用

ミノキシジルとは高血圧の治療薬として開発された成分で、後に発毛に効果があることが発見されたことから、AGAの治療薬に使用されています。

 

何度も繰り返し行われた臨床試験でも発毛効果が認められており、日本でも厚生労働省が認可したことから市販される育毛剤に配合されるようになっています。

 

しかし、もとは飲み薬として開発されたもので、海外では育毛剤の他に飲み薬が用意されており、日本でもAGA専門のクリニックで処方されるようになっています。

 

このミノキシジルという成分は、発毛効果が認められている一方で、どのような作用によって発毛が促進されているのかは不明となっており、さらに様々な副作用が起こることでも有名となっています。

 

ミノキシジルは血管を拡張する作用があることから、頭痛や目眩などを起こしやすく、全身の倦怠感やむくみ、体重増加のほかに、性欲減退、動悸、多毛症といったもの以外にも、未知の副作用が起こる可能性もあります。

 

これらは飲み薬として全身に作用した場合に起こる症状で、育毛剤として頭皮に塗布する外用薬であれば、全身に作用することはないので安全な使用が可能となります。

 

ただし、皮膚が弱い人や個人差によっては、頭皮が炎症を起こしたりかぶれることもあるので、使用中に体に異常が出た場合はすぐに使用を中止して医師に相談する必要があります。

 

基本的に正しく使用していれば、副作用が起こる可能性も少ないのですが、早く髪の毛を取り戻したいと焦る人は、過剰な摂取や塗布をしてしまうものなので、焦らずにじっくりと発毛をすることが大切です。